1. HOME
  2. LIVE放送
  3. <LIVEセミナー>武田正骨セミナー
<LIVEセミナー>武田正骨セミナー
2020年08月16日 (日) まで
~ タイムシフト放送中! ~
2020年08月16日まで

<LIVEセミナー>武田正骨セミナー

視聴可能期間:2020年8月9日0時~8月16日23時59分
※動画視聴は通信データサイズが大きいため、Wi-Fi環境での視聴をお勧めいたします。



ご質問は上部の質問フォームで受け付けております。
回答はセミナー終了後、別途メールもしくはお電話で回答させていただきます。
アンケートも募集しております。ページ下部のアンケートへのご協力をお願いいたします。



■セミナーのポイント
整形外科的観点に基づく正確な鑑別方法を学べる
信頼感と口コミが増す医療機関の紹介とそのマナーが身に付く
ドクターとも対等に話せる整形外科的な観点で施術レベルが格段に上がる

■セミナープログラム
1.「武田正骨」とは何か?
ギブスを付けたままお風呂に入れる、しゃがめる、走れる、階段の上り下りができる、リハビリ期間を最小限に抑えられる…など、常に患者目線でブラッシュアップを繰り返し続けた超高機能の固定術、それが「武田正骨」です。武田正骨の哲学、理論や考え方についてお話します。

2.体幹鑑別の基本講座
武田氏が目の当たりにした体幹の部位(首、背中、肩、腰)ごとの症例を挙げ、これだけは外せないという鑑別ポイントについてご紹介します。知覚検査や反射テスト、神経学的所見の方法など、部位ごとに具体的に解説します。また、医療機関に連絡する際に気を付けたいこと、患者さまに対する指導方法についても詳しくお話します。
こんな症状別にご説明します。
例)
頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症、頚椎症性筋萎縮症、外傷性頚部症候群、寝違え、本態性肩こり、胸郭出口症候群(TOS)、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎椎間板症、腰椎椎間関節症、仙腸関節性腰殿部痛、筋・筋膜性腰痛、骨粗鬆症性椎体圧迫骨折
急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)、骨盤輪不安定症、肋骨骨折


■目次
診断学(腰部疾患総論)
年齢別に想定すべき主な腰部疾患
運動方向別に想定すべき主な腰部疾患
症状別にみた急性腰痛の治療指針と患者説明
具体例:腰椎分離症
足関節の応急処置方法

  • 視聴可能期間:2020年08月16日まで