1. HOME
  2. LIVE放送
  3. <LIVEセミナー>事例から学ぶ保険請求セミナー

LIVE 放送

<LIVEセミナー>事例から学ぶ保険請求セミナー
2020年05月23日 (土) 00:00~  配信
~ 放送は終了いたしました ~
2020.05.23 00:00放送

<LIVEセミナー>事例から学ぶ保険請求セミナー

※動画視聴は通信データサイズが大きいため、Wi-Fi環境での視聴をお勧めいたします。

ご質問は上部の質問フォームで受け付けております。
回答はセミナー終了後、別途メールもしくはお電話で回答させていただきます。


セミナーのポイント
・返戻理由を把握し未然に防ぐ対策を学べる
・回答書に対する不安が払しょくできる
・施術録の正しい作成方法が学べる

セミナープログラム
ー返戻と回答書、その傾向と対策を学べる180分ー

1.「返戻」になりやすい申請書とその理由
返戻理由には、大きく分けて2種類あります。1つは請求団体での点検時に不備が見つかる「会返戻」、2つ目は保険者側で点検する際の「保険者返戻」です。毎月15万枚を超える療養費支給申請書代行業務に携わっている経験から近年増加傾向にある返戻事例を紹介し、その対策についてお伝えします。

2.もう怖くない!「回答書」徹底攻略
接骨院側が提出した療養費支給申請書の内容と、患者が実際に受けた施術が一致しているかどうかを調査するため、保険者から患者に宛てて送られるものが「回答書」です。回答書は、その接骨院に来院した患者すべてに送られるものではなく、不正請求の疑いある申請書があった場合に、その対象患者に送られます。回答書にはどのような項目がどのような意図で記載されているのか、回答書による指摘があった場合どのように対応すべきかについてお伝えします。

3.施術録の「負傷原因」記載方法と注意点
施術録には1部位から負傷原因についての記載が必要です。施術録を普段は提出しないからといって簡単にまとめず、いつ・どこで・どうして・どうなったか等、負傷に至った状況が分かるよう記載することが大切です。第三者が見ても明確にわかりやすい施術録への記載方法についてお伝えします。


セミナー講師
アトラ株式会社 療養費請求代行部 部長 仲邑 良範

  • 放送日時:2020.05.23 00:00 予定