記事ARTICLES

平成30年4月から変わった?「施術管理者の要件」
2018.07.09

平成30年4月から変わった?「施術管理者の要件」

今回は、受領委任の届出に必要な、 「施術管理者」の要件について お話ししたいと思います。

施術管理者とは?

こんにちは。
「鍼灸・接骨院 法令」コラム担当の池田です。

前回のメルマガでは、
「施術所の開設届」について
お話させていただきました。

今回は、受領委任の届出に必要な、
「施術管理者」の要件について
お話ししたいと思います。

まず、施術管理者とは?

施術所に勤務する
柔道整復師が行う施術も含め、
施術所における
療養費の受領委任に係る取扱い全般を
管理する者のことを指しますね。

接骨院の開設において
特に重要になるのが、
受領委任の取り扱いでしょう。

その受領委任の取り扱い締結の為に
絶対必要なのが「施術管理者」です。

この施術管理者になるには
どうすればよいでしょうか?

これまでは
柔道整復師の資格を有していれば
誰でもなることが出来ました。

ところが
今年の4月に法律の改正があり、
施術管理者の「要件」が
大きく変わりました。

その要件は次の2つです。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル