1. HOME
  2. 記事
  3. 鍼灸接骨院の法令
  4. 押さえておくべき「施術管理者要件」

記事ARTICLES

押さえておくべき「施術管理者要件」
2018.07.09

押さえておくべき「施術管理者要件」

接骨院で受領委任を行うために、これまでは柔道整復師の資格のみとされていましたが、平成30年4月から新たに資格取得後の実務経験と2日間の施術管理者研修の受講が義務付けられました。

施術管理者の要件

接骨院の開設において特に重要になるのが、受領委任の取り扱いです。その受領委任の取り扱い締結のために必ず必要になるのが「施術管理者」です。施術管理者とは、施術所に勤務する柔道整復師が行う施術も含め、施術所における療養費の受領委任に係る取扱い全般を管理する者のことを指します。

これまでは、柔道整復師の資格を有していれば誰でも施術管理者になることができました。ところが、2018年4月に法律の改正があり、施術管理者の「要件」が大きく変わりました。その要件は次の2つです。

1.(資格取得後)3年間の実務経験がある事
2.(資格取得後)16時間以上・2日間程度の研修の受講をしている事

このように、資格取得後に十分な実務経験と研修を受講しなければ、施術管理者として認められなくなりました。

アトラアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
アトラアカデミーチャンネル
【提供しているチャンネル】
アトラアカデミーチャンネル