接骨院白書WHITE PAPER

2016.09.08

平成28年第7回柔道整復療養費検討専門委員会で改定案が提示される

平成28年8月30日午前9時より第7回柔道整復療養費検討専門委員会が、全国都市会館の大ホールで学習院大学経済学部教授の遠藤久夫氏を座長として開催され、平成28年度柔道整復療養費改定の内容が決定されました。

第7回柔道整復療養費検討専門委員会

平成28年8月30日午前9時より第7回柔道整復療養費検討専門委員会が、全国都市会館の大ホールで学習院大学経済学部教授の遠藤久夫氏を座長として開催され、平成28年度柔道整復療養費改定の内容が決定されました。

柔道整復療養費の改定率については、診療報酬のうち医科の改定率等を踏まえ、政府において以下のように決定されました。


柔道整復療養費の改定について(案)

1.改定率 0.28%


・平成28年度における柔道整復療養費の改定率については、診療報酬のうち医科の改定率等を踏まえ、政府において決定したもの
(参考)今回の診療報酬改定における医科の改定率0.56%


2.基本的な考え方

療養費の料金改定については、これまでの適正化の流れを踏まえつつ、適正な請求を行う施術者が正当に評価されるよう、整復料等にウエイトを置いた改定を行う


3.改定の内容(案)

○骨折・不全骨折・脱臼に係る整復料・後療料等の引き上げ

○初検料の引き上げ

○冷罨法料の引き上げ


【改定案】
初検料:1,450円→1,460円(+10円)
冷罨法料:80円→85円(+5円)

施術者側からは施術者の技術面が認められたことについて喜ばしくおおむね賛成であるという意見が述べられたことに対し、保険者側からはもっと本委員会での議論内容を重視してほしいとの意見が提示された。

今回の意見を交えて厚労大臣に通達のうえ政府側の責任において改正が行われるとのこと。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開...[つづきをみる]