接骨院白書WHITE PAPER

2018.08.07

第2回 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師等の広告に関する検討会

平成30年7月18日(水)14時より、第2回 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師等の広告に関する検討会が、厚生労働省 省議会(9階)で開催されました。

◆議題

1. 第1回検討会の主な意見について
2. 施術団体からの広告に関するヒアリング
3. その他

1. 第1回検討会の主な意見について(要旨)

 厚生労働省から前回検討会の意見を整理しての報告がありました。

(1)名称等の基準、指導体制関係
施術所名称等の基準について
・適切な「医療」又は「施術」を受ける機会を阻害されないようにするべき。
・国民の安全性を確保することは重要。
・広告可能事項の範囲についてどう考えるか。
・柔道整復師である旨といった施術者であることを明記すべき。
・あはき及び柔整の施術範囲の明確化についてどう考えるか。
・医療機関と紛らわしい名称問題について。
保健所等の指導権限の明確化等について
・立入、検査等の権限の明確化が必要ではないか。
・受領委任の取り扱いの中においても、保健所と厚生局が連携し指導を行えるよう検討すべき。
・無資格者への対応方法について。
・指導人員不足を解決する必要があるのではないか。

(2)ガイドライン関係、その他
ガイドラインの作成について
・国民を守るものであり、かつ、分かり易いガイドラインにするべき。
・医療広告ガイドラインを参考にすべきではないか。
・指導等の実効性を担保できるレベルのものにすべきではないか。
・ウェブサイトに対する検討を行うべき。
・消極的弊害(適切な受領機会の喪失)が起こり得るような広告を規制の対象とする考え方でガイドラインを作成してはどうか。
その他
・あはき及び柔整の施術範囲の明確化についてどう考えるか。
・各業界団体の自己規律を活用できないか検討してはどうか。
・ネットパトロールについて検討すべきではないか。

2. 施術団体からの広告に関するヒアリング

 公益社団法人全日本鍼灸マッサージ師会、社会福祉法人日本盲人会連合、公益社団法人日本鍼灸師会、公益社団法人日本柔道整復師会の4団体からヒアリング、質疑応答が行われました。

(1)公益社団法人全日本鍼灸マッサージ師会(意見の一部を抜粋して紹介)
・患者さんは、「施術所内で何を行っているか」が具体的にわかるものを求めているのではないか。それはあはき師が求めているものでもあり、国民の為にも望ましいと考える。
・インターネット広告は自主的に情報を求めて得るものであるので、誤解を与えないものであれば広告可能としてよいのではないか。(国民にとって利益があり、かつ不利益を与えないもの)
・料金表示については、明確な料金表示が必要と考える。カード等での支払い方法の種類についても可能としたい。
・施術所名称について。あはきの国家資格を所持している施術所の名称がある程度統一かされることで、無資格との差別化が図れるのではないか。たとえば、はり、灸、あん摩マッサージ指圧、治療院、院などを組み合わせたものを認めるというように。
・療養費取り扱いの対象となる傷病名等に関しての表記を可能としたい。無資格の店で「肩こり」などの表記が見られるが、こちらは国家資格をもった者のみ表示可能としてほしい。
・専門性について、東洋療法研修試験財団の研修修了証を受けたものは「●●修了」という表示を可能にしてもよいのではないか。

(2)社会福祉法人日本盲人会連合(意見の一部を抜粋して紹介)
・患者さんは、自身の動きや体調不良に対して、より速やかに、的確な、さらに可能な料金で施術を受けられるということを情報として望んでいるのではないか。表現方法も含めて、国民が求めている、必要としている情報を広く広告可能とすべきだと考える。
・施術所名称について、「治療院」や「鍼灸院」はあはき師が長年にわたり使用してきた施術所名であり、広告可能事項として明確にしてほしい。
・技能や学歴については、ケースバイケースではあるが、一定の法的な指定された研修の修了者については、修了を表記できるようにすることで、国民の安心にも結びつくと考える。

(3)公益社団法人日本鍼灸師会(意見の一部を抜粋して紹介)
・広告事項に関しては、基本的に客観的事実であれば広告可能であると考える。
・料金について、自費施術と療養費施術については、切り分けて料金表示について考えるべきだ。療養費については、諸々問題はあるが、今のところは料金を表記しない方が妥当ではないかと思う。
・専門性については、一定の基礎を担保された機構などの認定があれば、広告可能としたいと考える。
・無資格者については、そもそも差別化を図ろうとすること自体がナンセンスであるが、あえて差別化を図るのであれば、国家資格者はその旨を明記できるとし、無資格者は国家資格者でないことを明記し、かつ民間資格を表示することは認めないとしてほしい。

(4)公益社団法人日本柔道整復師会(意見の一部を抜粋して紹介)
・国民のニーズは大きく変化してきているので、その変化に合わせて適切な対応ができればと考える。ただし、行き過ぎた広告、医療の内容に近いようなものは排除しなければならないと思う。例えば、日本伝統医療であることは広告可能としたい。また、オリンピックの開催も近いことから、外国語表記が必要と考える。
・保険関係の種類を表示可能とし、それらの取り扱いが可能であることを表示可能としたい。
・「診」の文字の使用について。「休診」「往診」は認めてほしい。「休施」「往療」と言ってもなかなか患者さんが理解できない。
・「治療」「診」「療」「治」「院」という文言の使用は国家資格者のみ可能とし、無資格者は使用を禁ずることで、区別化ができるのでは。
・柔整ではインターネットの中で特に自賠責の取り扱いについて、行き過ぎた、目に余る広告が見られる。インターネット上の広告規制をなんとかしてほしい。

【参考】
厚生労働省
第2回 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師等の広告に関する検討会
資料1 前回検討会の意見整理
資料3 施術団体提出資料

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開業・動向などの情報を動画やLIVE放送を通して配信しています。 チャンネル登録...