2019年12月3日 ほねつぎアカデミーはアトラアカデミーへ名称変更しました。

セミナーSEMINAR

武田正骨セミナー

30年以上外傷と向き合い続けた武田哲也によるカウンセリング・鑑別法大公開

このセミナーのポイント

  • 整形外科的観点に基づく
    正確な鑑別方法を学べる
  • 信頼感と口コミが増す医療機関の紹介と
    そのマナーが身に付く
  • ドクターとも対等に話せる整形外科的な観点で
    施術レベルが格段に上がる

猫背、骨盤、首の施術……
これだけは外せない
鑑別ポイントについてお伝えします

「街の保健室」という愛称で、
北海道に9店舗の接骨院を構えるTAKEDA GROUP。


代表である武田哲也氏は、
外傷の応急施術こそが、柔道整復術の根幹をなすもの
という理念のもと経営を続けておられます。


施術家になった当初は、自信をもって外傷に対応できず
悔しい思いをたくさん経験されたようです。


そんな自分を変えるため、北海道を飛び出し
東京の整形外科で2年間修業を積んだことも。


専門学校の教員キャリアも長く
誰にでもわかりやすく指導できるという強みを生かし、


柔整業界の水準アップをはかるため
「武田正骨」の普及に尽力されています。


機能的かつ美しいテーピングやギプスの固定技術
話題となり、多くの施術家が武田氏のもとを訪れます。


スポーツシーンへの参入も著しく、
多数のチームとのトレーナー契約を結ぶなど
活躍の場を広げています。


ゴッドハンドと言っても過言ではない鮮やかな技術と、
施術家・経営者としての哲学が聞けるセミナーです。

正しいカウンセリングは、
良い施術と反響を生み出す

整形外科的観点に基づく正しいカウンセリング・鑑別法

首や体幹の施術には、特に細心の注意が必要です。一歩間違えれば余計に体調を悪化させ、最悪の場合、訴訟沙汰になったり悪い口コミが広まる原因にもなりかねません。武田正骨では、整形外科的な観点での鑑別方法を取り入れています。整形外科的な観点での体幹や首の鑑別、そして、武田正骨流のノウハウについて解説します。

信頼を得る、医療機関の紹介

武田氏は鑑別の際、しびれなど少しでも違和感が見られる場合はすぐに医療機関を紹介するそうです。その迅速な対応と、患者さまの体を第一に考える姿勢に定評があり、「あの接骨院は信頼できる」と口コミが広がり、新たな患者さまが来院してくださるそうです。広告規制が強まる中、鑑別方法を取り入れることで自然と評判が拡散されるという相乗効果が実際に生じています。

ドクターとも対等に話せる、整形外科的知識

整形外科での修業時代には、数えきれない数の外傷患者と対面したという武田氏。そこで培われたものは、外傷処置のハイクオリティーな技術だけでなく、正確な知識と目でした。外傷に対する初期対応の技術レベルで、ドクターから得られる信頼は大きく変わります。鑑別外傷についての正確な知識を身につけ、ドクターにも患者さまにも信頼されるために必要なことをレクチャーします。

ゲストエキスパートのご紹介

武田 哲也Tetsuya Takeda

株式会社TAKEDA GROUP 代表取締役

柔道整復師。30年磨き続けた外傷対応の技術を持ち、現在は北海道で7院を展開している。経営するすべての院で外傷を中心に据えた経営を実現している。 その外傷対応の技術は目を見張るものがあり、特に関節の可動域制限を加えない、機能的なギプスは非常に高い完成度を誇る。 外傷の応急施術こそが、柔道整復師の根幹をなすものとの考えを持ち、外傷対応ができる院を増やし、接骨院の価値を広めたいとの想いから、教壇に立ち続けている。

アトラアカデミー チャンネル講師

施術家のためのプラットフォーム「アトラアカデミー」内の動画配信コンテンツで、「武田チャンネル」をご担当いただいています。「武田正骨」が生まれた経緯や、美しいと定評のあるテーピング技術の神髄に迫ります。

■視聴時間:3~5分程度/回

「武田チャンネル」はこちらからご視聴いただけます。
ご視聴いただくためには、アトラアカデミーへの会員登録(無料)が必要です。

セミナー参加のお申し込みはこちら

※お申し込みいただくには、アトラアカデミーへの
会員登録(無料)が必要です。

信頼感と口コミを増やす、
武田式体幹鑑別を学べる180分

「武田正骨」とは何か?

ギブスを付けたままお風呂に入れる、しゃがめる、走れる、階段の上り下りができる、リハビリ期間を最小限に抑えられる…など、常に患者目線でブラッシュアップを繰り返し続けた超高機能の固定術、それが「武田正骨」です。武田正骨の哲学、理論や考え方についてお話します。

武田正骨が目指す、接骨院と医療機関との連携

体幹鑑別の基本講座

武田氏が目の当たりにした体幹の部位(首、背中、肩、腰)ごとの症例を挙げ、これだけは外せないという鑑別ポイントについてご紹介します。知覚検査や反射テスト、神経学的所見の方法など、部位ごとに具体的に解説します。また、医療機関に連絡する際に気を付けたいこと、患者さまに対する指導方法についても詳しくお話します。

本セミナーで扱う頭部・体幹20疾患

  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎症性神経根症
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎後縦靭帯骨化症
  • 頚椎症性筋萎縮症
  • 外傷性頚部症候群
  • 寝違え
  • 本態性肩こり
  • 胸郭出口症候群(TOS)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 腰椎椎間板症
  • 腰椎椎間関節症
  • 仙腸関節性腰殿部痛
  • 筋・筋膜性腰痛
  • 骨粗鬆症性椎体圧迫骨折
  • 急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)
  • 骨盤輪不安定症
  • 肋骨骨折

武田式体幹テーピング&ギブスデモンストレーション

完全オリジナルのテーピング&ギブス固定術は、なんと200種類以上にも及びます。その一部を間近で見られるチャンスです。

質疑応答&名刺交換会
(希望者対象)

講師や参加者同士でお話いただく時間を設けています。今後の取り組みに役立つ、有意義な情報共有を行っていただけます。

こんな方は必見&必聴!

  • 正しい鑑別の力を身につけ、自信を持って体幹への施術に挑みたい
  • 首・肩・腰の施術レベルを上げたい
  • 紹介を増やし、自費施術の売上をアップさせたい

セミナー参加者から
嬉しいお声をいただいています

  • 刺激になりました。(41歳男性)
  • 率直に、従来の接骨院の先生と比べて動きが違うと感じました。(24歳男性)
  • とても良かった。(56歳男性)
  • 実際に実技や現場でのリアルな行い方をロールプレイで見れて非常に良かったです。すごくわかりやすかったので非常に良かったです。(男性)
  • テーピング、ギプス固定の仕方が途中途中全く違い、驚かされました。
    取り外しのできるギプス→患者の日常に支障をできるだけ与えないはとても勉強になりました。ありがとうございます。(21歳男性)
  • 外傷が少ない院ですが、今日の捻挫の対応をさっそく試していきたいと思います。色々思うことがあります。整骨院のあり方など。話を聞けてよかったです。(23歳男性)
  • ロープレでどのように患者説明を行ってネガティブなイメージがあるギプスを早く治すためには必要と理解して頂き治療をしているところを学べてよかったです。(32歳男性)
  • 武田先生に実際にお会いさせて頂きギプスやテーピングなどのクオリティーに魅了されました。(35歳男性)
  • 本来の柔整師としての形をみれたと思いました。(21歳男性)
  • 非常に勉強になりました。(27歳男性)
  • よかった。(33歳男性)
  • とても素晴らしい先生だと思いました。(35歳男性)
  • 外傷もしっかりみれることが本当の柔整師だと再確認できました。(29歳男性)
  • 勉強になりました。(46歳男性)
  • とても勉強になりました。今回は足関節でしたが、他の部位もみてみたい(40歳男性)
  • もっと詳しく聞きたくなった。(26歳男性)
  • 外傷施術がしたくなるようなセミナーであり、武田正骨セミナーに又参加したいと思いました。(47歳女性)
  • 知らない事を知れて満足でした。(男性)
  • すばらしかった。次回も予定がつく限りぜひ参加させていただきたいです。(27歳男性)
  • 機能性にこだわった固定法が学べた。(男性)
  • 実践的な内容で楽しかったです。(33歳女性)
  • 外傷で利益をうみだし、患者様によろこんでいただけると分かった。(39歳男性)
  • 参考になる部分が多かったです。(31歳男性)
  • 部位毎のマニュアルがあるのは強い。会社全体、どのスタッフも同じことができるようになる、実技があるのが良かった。(男性)
  • 実技が見れてよかったです。ありがとうございました。(38歳男性)
  • 外傷での現金化する仕組みを少し教えてもらえて刺激になりました。(31歳男性)
  • すぐ使える技術で勉強させてもらって楽しかった。(30歳男性)
  • 素晴らしい技術を見せて頂いて勉強意欲が更に湧きました。(32歳男性)
  • 患者さんのバックボーンを知る。というお話が印象的です。足関節の固定についてどのように活用できるのか、現状でそう患者さんに理解していただくか良く考えてみたいと思います。また、このようなセミナーがありましたら是非参加したいと思います。(43歳男性)
  • とても勉強になりました。柔道整復師として外傷は見れるようになりたいと改めて実感させていただきました。(33歳男性)
  • 自社の弱みをなくすためになにをしなきゃいけないのか更に疑問がでてきた。(28歳男性)
  • 外傷に関してしっかり教育されている強みを感じた。(29歳男性)
  • とても勉強になりました。(38歳男性)
  • 外傷の勉強に力を入れたくなる(33歳男性)
  • 大変勉強になりました。(40歳男性)
  • 大変勉強になりました。(38歳男性)
  • 足以外にも色々と話を聞きたいと思いました。(31歳男性)
  • 今回のセミナーに参加できたことは大変良かったです。また札幌で開催されれば参加したいです。(43歳男性)
  • とても楽しかったです。(42歳男性)
  • 分かりやすくすごく集中して見てしまった。技術の方の動画を少し撮らせてほしかった。(35歳男性)
  • もう少し細かいところの説明がほしかった。(モールディングのやり方、トリミングの場所とやり方。テーピングの巻く本数や巻く角度や意味)(32歳男性)
  • 面白い。だが高い。ありがとうございました。検討します。(38歳男性)
  • 武田先生の考え方にとても参考になった。(34歳男性)
  • ギプスの巻き方とても為になりました。動画撮影を許可頂ければありがたかったです。(28歳女性)
  • 学生時代を思い出して柔道整復師とは?という原点に戻れた気がします。(35歳男性)
  • 勉強になりました。ありがとうございました。(25歳男性)
  • とても参考になりました。(29歳男性)
  • 実技以外にもこれからの整骨院の傾向などもお話していただき勉強になりました。(39歳女性)
  • とても為になりました。
    明日から使えそうです。(26歳男性)
  • よかったです。(49歳男性)
  • 非常に良かった。(40歳男性)

個人の感想であり、
その結果を保証するものではありません。

セミナー参加のお申し込みはこちら

※お申し込みいただくには、アトラアカデミーへの
会員登録(無料)が必要です。

お電話でのお申し込みは受け付けておりません。 ページ下部のフォームからお申し込みください。
セミナー講師
武田 哲也Tetsuya Takeda
・北海道で9院を展開 ・30年磨き続けた外傷対応の技術を持つ ・地域に必要とされる院の経営に成功 柔道整復師
本物の柔道整復師の在り方を体現する男

経営するすべての院で外傷を中心に据えた経営を実現している。 その外傷対応の技術は目を見張るものがあり、特に関節の可動域制限を加えない、機能的なギプスは非常に高い完成度を誇る。 外傷の応急施術こそが、柔道整復師の根幹をなすものとの考えを持ち、外傷対応ができる院を増やし、接骨院の価値を広めたいとの想いを発信し続けている。 株式会社TAKEDA GROUP 代表取締役。

セミナー日程など
講義日程
受付中

2020年2月2日(日)14時00分~17時00分
東京都港区高輪2-16-45 高輪中山ビル2階 アトラ株式会社
[地図を見る]
定員:15名

受付中

2020年5月10日(日)14時00分~17時00分
大阪府大阪市西区立売堀4-6-9 大嘉ビル2階 アトラ株式会社
[地図を見る]
定員:15名

講師 武田 哲也
受講料

アトラアカデミー会員:10,000円

一般:10,000円

(※税抜です。※講義ごとの価格です。)

お支払い方法 現金(当日) クレジットカード(事前)
運営 アトラ株式会社 営業部
備考 【セミナープログラム】
1.「武田正骨」とは何か?
2.外傷鑑別の基礎講座
3.武田式テーピング&ギプスのデモンストレーション
4.講師、参加者との名刺交換(希望者対象)
質疑応答のお時間も設けています。
セミナーお申し込みフォーム