ほねつぎアカデミー>サービス>自宅×施術所
キレイで清潔感のあるデザインでありながら、目をひく院づくりは誰もが夢見るもの。「自宅×施術所」建築家をもっと身近に。

ASJとは

ASJ(アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)は高嶺の花と思われていた
建築家との家づくりをだれでも手の届くものにしました。

お客様のご要望と
建築家の特長を最適マッチング、
そしてお客様・建築家・工務店(加盟スタジオ)
三位一体となった家づくりを実現。

独自のネットワークを活用。
集中購買でコスト削減を実現。

住宅、クリニック、商業施設、集合住宅などの
新築、リノベーション 様々なニーズに対応可能。

従来にはないプランニング

従来にはないプランニングで、コストとリスクを抑えられます。

ASJ   従来の方法

アカデミー会員に登録(無料)

 

建築家選定

     

建築家選定

 

設計契約

設計契約をしないと前に進まない
     

打ち合わせ・現地調査・基本設計・模型・CG

建築家の変更無料 建築家の交通費無料一部費用が発生して後戻りできない
     

プレゼンテーション

     

コストの確認

納得いくまで何度でもOK
     

設計契約

 

実施設計

     

実施設計

事前に課題が整理されているのでスムーズ
 

施工会社選定

コスト調整に膨大な時間がかかる
     

建設工事請負契約・着工

     

工事完成引き渡し

全国各地の開業に対応できます。

ASJ登録建築家2,689 施工スタジオ194ヵ所 ※2015年9月現在

自宅兼施術所のメリット

自宅兼事務所は経費に入れられるのか?

事務所として利用している自宅の一部を経費に入れることにより、税金を下げることは可能です。

法人か個人事業、賃貸か所有で処理は変わる

事業を行っているのが法人か個人か、また自宅が所有物か賃貸かで状況が変わってきます。
ではまず法人の場合を見ていきましょう。

1)個人で事業を行っている場合

①個人で自宅を所有
個人で自宅を所有している場合、減価償却費の一部を使用割合に応じて経費に算入できます。
この場合注意したいのが、住宅ローン控除がある場合です。
住宅ローン控除は、自宅として使用している割合分しか控除できなくなります。
通常は事業使用割合分の減価償却費を計上するよりも、全額住宅ローン控除を計上したほうが節税効果があるケースが多いです。

②個人で自宅を賃貸
個人で自宅を賃貸している場合、家賃の一部を使用割合に応じて経費に算入できます。

2)法人で事業を行っている場合

①個人で自宅を所有
まず個人で自宅を所有している場合を考えます。この場合、法人と個人で賃貸契約を結ぶことになります。
賃料は相場と同水準で設定する必要があります。
自宅全体の賃料を近隣の同種の物件から推定し、実際に使用しているスペースの割合に応じた賃料を計算します。
法人が個人に支払った家賃が、個人で不動産収入となるため、個人の所得税を確定申告する必要があります。
主な経費は自宅の減価償却費となるでしょうから、法人で使用しているスペースに応じた額を適切に計算しましょう。
また固定資産税も忘れずに法人で使用しているスペースに応じた額を経費に参入しましょう。

②個人で自宅を賃貸
自宅が賃貸の場合、法人の事務所スペースにかかる家賃は、個人で立替払いしているという処理になります。
よってその額を、法人から個人に支払うことにより、法人の費用となります。
その金額は、個人で支払っている家賃に、法人が実際に使用しているスペースの割合を乗じて算定します。

③法人で自宅を賃貸もしくは所有
そして最後に法人が賃貸したり所有している場合、社宅ということで自宅の減価償却費全額が一旦法人の費用になります。
ただし全額を法人の費用にしてしまうと、プライベートの部分まで会社が費用として負担していることになり、
その分が給与として認定されてしまいます。そのためプライベートの部分を個人の負担としておく必要があります。

個人の負担とすべき「賃貸料相当額」は、次の(1)〜(3)の合計になります。(所得税基本通達36-41)
(1) (その年度の建物の固定資産税の課税標準額)×0.2%
(2) 12円×(その建物の総床面積(平方メートル)/(3.3平方メートル))
(3) (その年度の敷地の固定資産税の課税標準額)×0.22%
※小規模な住宅(建物の耐用年数が30年以下の場合には床面積が132平方メートル以下である住宅、
建物の耐用年数が30年を超える場合には床面積が99平方メートル以下である住宅)の場合。

どれが一番お得なのか?

状況や金額に応じても変わるので一概には言えませんが、
法人で所有ないし賃貸するのが、一番経費にできる割合が多くなるケースが多いです。
なぜかというと、法人で所有したり賃貸された場合は、まず原則として全額が法人の費用として考えられます。
その上でそのうち一部は入居者が負担すべき(もしくは一部が入居者の給与)であるということで、
個人負担分を受け取ると考えられるからです。
実際に上記の算定式を用いて賃貸料相当額を計算した場合、実際の家賃の半分以下の個人負担額となる場合が
多いのではないかと思います。

注意すべき点は?

税務においては、契約書などの形式よりも、実態の使用状況などが優先されます。
いくら契約書を形式的に整えていても、実際に自宅を事務所として使用していなければ、
税務調査の際に否認事項として指摘される可能性がありますのでご注意ください。

このページを見た人は、こんなコンテンツも見ています

Pマーク

柔道整復師・鍼灸師・接骨院・整骨院経営者の為に役立つ情報を発信するポータルサイトです。
ほねつぎアカデミーでは、多くの接骨院・整骨院・鍼灸院の成功事例や、経営ノウハウ、独立開業に関する情報を紹介しています。
Copyright 2017 Honetsugi Academy.